天狗の湯 営業再開です 2017/02/17

14日から16日の3日間、温泉と外トイレのメンテナンス作業のためご利用できない期間、お客様にはご迷惑をおかけしておりました。
本日、10時より 天狗の湯は通常営業、外トイレも24時間使用可能となりました。

暖かい日も本日まで、明日から一週間は冬に逆戻りしそうな予報です。
寒い日には「美肌泉源 天狗の湯」で体と心を温めてくださいませ。
皆様のお越しをお待ちしております。

3月3日はひな祭り 2017/02/09

今年もひな祭りイベントを行います。
・直売所てんぐと天狗の湯(入館者)先着100名様に甘酒無料サービス
・直売所てんぐでお買い物をされたお客様100名様と
天狗の湯(入館者)先着100名様にプチひなあられプレゼント
・あがつま亭でお食事をされるお客様にミニちらし寿司サービスです。

一日限りのイベントですので、皆様、ぜひ遊びにいらしてください。

ひな祭りの2つの由来
「人形(ひとがた)」
古くから日本では紙で作った人形を川に流す「流し雛」が行われており、人形に自分の穢れ(けがれ)を移して身代わりにし、水に流して厄を祓っていました。

「雛あそび」
平安時代の貴族の子どものおままごと遊びです。
「雛(ひいな)」は小さくてかわいらしいものという意味で、ひな祭りの“ひな”の古語です。
これらが結びついて、人の厄を身代わりする男女一対の紙人形ができます。これがひな人形の原型といわれています。

室町時代になると人形が立派になり、流すものから飾るものに。上流階級の子女の嫁入り道具のひとつにもなりました。

江戸時代に桃の節句が女の子の節句に定められると、
さらに華やかさを増してひな壇に人形を飾るようになりました。
(ひな祭りの由来をご存知ですか?ホームページより)

本日テレビで放送されます。 2017/02/01

NHK総合「ニュースシブ5時」16時50分からの番組で
天狗の湯が放送されます。
撮影は1月17日におこなわれました。

「美肌ランキング」で最下位の群馬県。
有名な温泉もあるのになぜ?という内容らしいです。
どんな放送なのか楽しみです。

かかあ天下と空っ風が有名な群馬県ですから、とにかく風が強くて冷たい。
お肌には厳しい環境です。
群馬県は有名な温泉がたくさんありますが、
吾妻に遊びに来た時には
「美肌泉源」天狗の湯で肌と心と体を癒してくださいませ。

2月3日(金)は節分 2017/01/23

あがつま峡では今年も2月3日(金)限定イベントを行います。

・直売所てんぐと『美肌泉源』天狗の湯(入館者)
先着100名様に甘酒を無料サービス。

・あがつま亭でお食事をされるお客様に
ミニ恵方巻をサービス(数に限りがあります。)
今年の恵方は「北北西」です。

・鬼のお面プレゼント(ご自宅で作って豆まきをしてくださいね)
3枚目の写真の鬼のお面です。
一枚の紙を切り取って輪ゴムをつけるだけの作り方です。

当日限りですので、遊びにいらしてくださいね。

あがつま亭 おでん復活 2017/01/22

あがつま亭のクリスマス限定メニュー「おでん」が
好評につき、期間限定メニューとして復活します。

・こんにゃく(地元産)
・たまご(地元産)
・大根(地元産)
・こぶ
・ちくわ
・ごぼう巻き
コンビニおでんの人気商品、6品。

ボリュームたっぷり(500円)で明日23日(月)からの登場です。ぜひお召し上がりくださいませ。

雪だるまといえば・・・ 2017/01/19

子供のころ、雪が降った日には雪だるまを作って遊びました。
日本では二頭身の雪だるまですが、海外では三頭身の雪だるまが普通らしいです。

雪だるまといえば、『アナと雪の女王』のオラフを思い出し作ってしまいました。

直売所の前で皆様をお出迎えしてくれています。

天狗の湯 休館日のお知らせ 2017/01/17

2月14日(火)・15日(水)・16日(木)の三日間
天狗の湯 及び 外トイレのメンテナンス作業のため
天狗の湯を休み、外トイレを使用中止とさせていただきます。

ご愛顧いただいているお客様には大変ご迷惑をおかけ致しますが 何卒、ご了承くださいませ。

なお、直売所てんぐは通常通りの営業です。

本日も雪景色です 2017/01/17

昨夜も雪が降り、積雪量は30cmを超えました。
天気予報は週末まで雪マークです。

国道や県道も除雪車で雪かきをしてありますが、
場所によっては凍っているところもあります。
通勤・通学にはお気を付けくださいませ。

道の駅あがつま峡は駐車場と歩道の雪かきをしていますので安心してお出かけください。

雪景色です 2017/01/16

昨日、一日降り続いていた雪は15cmほど積もりました。
道の駅あがつま峡は真っ白です。
周辺の道路も雪かきはしてありますが
場所によっては雪があるところもあります。
ドライバーの皆様は運転にお気を付けくださいませ。

道の駅あがつま峡は駐車場と歩道の雪かきを済ませ
皆様のお越しをお待ちしております。

今日のあがつま峡は雪です 2017/01/14

朝から雪が降りだし、現在も降り続いています。
除雪機と雪かき装備の軽トラックで駐車場の雪かき中です。

道路も白くなっている場所もあります。
スタッドレスタイヤを装着していても滑ることがありますので、運転には十分お気を付けくださいませ。

あさの味新商品 第二弾はソフトクリーム 2017/01/10

明日からプレミアムソフトクリームに新商品が登場します。
『プレミアムあまおう苺』 350円

濃厚な甘味にほのかな酸味が特徴の「あまおう」を使用し、ワンランク上のシルクアイスに仕上げました。

あまおうとは・・・
・2005年に商標登録された福岡県限定生産のブランドいちご
・名前の由来は
「あかい」
「まるい」
「おおきい」
「うまい」の頭文字から「あまおう」
・濃い甘みの中にほのかな酸味が特徴
・大きいものは1個 40gにもなる(一般的ないちご 1個15g)

あまおうの旬が3月中旬までなので、
このプレミアムあまおうの販売は4月下旬までの予定です。
季節限定の商品ですのであがつま峡に遊びに来たときは、ぜひお召し上がりくださいませ。

本日のあがつま峡 2017/01/09

おはようございます。
新成人の皆様、おめでとうございます。
東吾妻町は昨日成人式が行われました。
皆様の地域の天気は大丈夫でしたか?
道の駅あがつま峡は昨日の夕方3時半頃から雪が降り始め一晩で真っ白になりました。
道路には雪はありませんが、車を運転する人はお気を付けくださいませ。

今は青空も見えてきました。
この雪もすぐに溶けてしまうでしょう。
駐車場や歩道の雪かきは済ませてありますので
芝生でそりや雪だるま作り、雪合戦などの雪遊びにいらしてください。

あさの味新商品 和風あげたこ焼き 2017/01/08

たこ焼きはソースとマヨネーズでしょ!!という人も、ぜひ一度試してください。
大根おろし入りの出汁にアツアツのあげたこ焼きをくぐらせてサッパリと食べられる『和風あげたこ焼き』が新登場

出汁にさっとくぐらせてカリッとした食感を楽しむのもよし
出汁に浸して柔らかくふわ〜っとした食感を楽しむのもよし
あなたのお腹を満たしてくれます。

1月10日(火)から登場。
1皿6個入り 300円です。

七草がゆ 2017/01/07

1月7日は何の日?と調べてみると
皆さんご存知の 
◎七種(ななくさ)
春の七種を刻んで入れた七種粥を作って、万病を除くおまじないとして食べる。
七種は、前日の夜、俎[まないた]に乗せ、囃し歌を歌いながら包丁で叩き、当日の朝に粥に入れる。
呪術的な意味ばかりでなく、おせち料理で疲れた胃を休め、
野菜が乏しい冬場に不足しがちな栄養素を補うという効能がある。
(『今日は何の日』ホームページより)

「春の七草」とは
・せり
・なずな(別名ぺんぺん草)
・ごぎょう(ははこ草)
・はこべら(はこべ)
・仏の座(たびらこ)
・すずな(かぶ)
・すずしろ(大根)
ですね。
最近では、七草粥セットも販売されていて手軽に七草粥が楽しめるようです。

他にも、
◎爪切りの日(新年になって初めて爪を切る日)
七種を浸した水に爪をつけ、柔かくして切ると、その年は風邪をひかないと言われている。

◎千円札の日
1950年(昭和25年)のこの日、初の千円紙幣が発行された。肖像画は聖徳太子だったそうです。

仕事始め 2017/01/04

皆様は年末年始どのように過ごされましたか?
本日が仕事始めで、出勤された方もいらっしゃるのでしょう。
三が日よりもお客様が少なく感じます。

まだまだ休みだよ。という方は、
のんびりできる道の駅あがつま峡へ遊びにいらしてくださいね。

新年のご挨拶 2017/01/01

新年おめでとうございます。
昨年中は多くのお客様にご来場、ご愛顧頂き心より感謝、御礼申し上げます
本年も皆様に愛される道の駅あがつま峡を目指して、職員一同頑張ってまいります。
何卒宜しくお願い致します。

元日より『美肌泉源』天狗の湯・直売所てんぐとも通常営業しておりますので、皆様のお越しをお待ちしております。

年始営業のお知らせ 2016/12/30

2016年も残すところ明日だけとなりました。
道の駅あがつま峡は天狗の湯・直売所てんぐとも
元日から通常通り営業いたします。

天狗の湯入館のお客様、直売所でお買い物のお客様
各先着100名様に粗品を進呈いたします。

ご来場のお客様には甘酒無料サービスもございます。
(なくなり次第、終了しますのでご了承ください。)

日が差すと暖かいあがつま峡ですが、風が強い日もあります。
凧揚げをするには最高の場所ですが、暖かい支度をしてお出かけくださいませ。

新名所 『猿橋のマグネット』 2016/12/29

東吾妻町の新名所 『猿橋のマグネット』が完成しました。
日本各地に猿橋という名称はありますが、特にその地域で最も古く架けられた刎橋(はねばし)に
猿橋という名称が与えられたらしく、名誉ある橋の名前だそうです。

刎橋(はねばし)とは、橋の途中に橋脚を立てずに架けられる橋として
江戸時代の日本に存在した形式だそうです。
一本の木で橋を作ることができない場所では、岸の岩盤に穴を開けて木を斜めに差し込み
その上に同じように木を突き出すことで、下の木が支えるようになり
それを何回も繰り返し、足場として板を敷いて橋にするそうです。

あがつま峡の猿橋は江戸時代の初期には架けられていたそうです。
1888年(明治21年)に架け替えられた猿橋は
1919年(大正8年)に落橋
約100年後の今年2016年9月に猿橋が新名所として復活しました。

東吾妻町の猿橋は、片刎橋(かたはねばし)という珍しい作り方です。
現在は冬季閉鎖中で渡ることはできませんが、
来年の3月28日から猿橋を渡れるようですので
皆様、ぜひ遊びにいらしてください。

お正月飾り 2016/12/29

クリスマスが終わり、道の駅あがつま峡でもお正月の準備をしております。
天狗の湯と直売所の飾りつけも昨日終わりました。
 
『門松は、簡単に言うと神様が家を探す時の目印となるものです。
お正月になると普段は天にいる神様が地上へと降りてきて各家へとやって来ますが、その際に門松を飾って「私達の家は神様を迎い入れる準備が整っています」というのを教えていたとされています。
この場合の神様とは、農作物の豊作や家内安全を司る神様を指し、ここにご先祖様も含まれます。
ではなぜ松≠飾るようになったのかと言うと、元から常盤木には神様が宿るとされ崇められてきました。
そんな常盤木の中でも、松には「祀る」という意味や神様を「待つ」という意味を受け取れる事から、門松には松を飾るようになったようです。』
(豆知識PRESSホームページより)

年中行事に接するたびに、どういう意味があるのか改めて知ることができます。
形だけでなく、意味もわかると行事の大切がわかりますね。


- Topics Board -